読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4合わせな日々。

□♡▽○の4人をただ愛しています。

33歳おめでとう

 

 

 

NEWSのリーダー、小山慶一郎さん!!!!  33歳のお誕生日おめでとうございます!!!!!!!!!!!

 

ということで、本日は慶ちゃんの誕生日。心からおめでとう。

こういうときって何を記事にしたらいいかなって1番悩むし、上手く言葉にできなくて短くて訳分からない文章になっちゃうんだよな〜〜。

手越くんの誕生日記事を去年書いた時も、もっとたくさん色んな事書こうとしてたのに、いざ記事にしようとすると言葉にできない みたいな。

まあざっくり言えば、ただ単に文章にする力など諸々が足りないってことなんでしょうけど!!  わかってますけど!!?!(まさかの逆ギレ)

だからもう私、何を書くか考えることやーめた☆  とりあえず今までの 慶ちゃんへの印象 的なものについてこれから書いてく!  まとめる力とか内容とか知らない!!!(放棄)

 

 

NEWSの存在を知ったのは、もう何回言ったかわからないけど2012年です。だからもともと4人だと思ってたから土下座しとこう……。まぁその頃から手越くんに一目惚れしているわけですけど、ほかの3人には目もくれなかったからぜーんぜん知らなかったなあ。でも、チャンカパーナ披露を見ててなんとなくだけど慶ちゃんに対して「あ、この人がリーダーなんだろうな」って思ってた記憶がある。中1ながらにだけれども。

根っからの嵐ファンだった私は、他のグループ見向きもしなかったから何も知識とか無かった。知ろうともしなかった。馬鹿野郎...!(今悔やんでも遅い)

だから こやま なのか おやま なのかすらわからなかった!!!  全力で謝る!!!!!!!!  普通に友達と話してた記憶が蘇った今。「ほら、誰だっけ、おやまくんだっけ」『違うよ、こやまくんだよ……』って。これ何回もしてたな????ごめん。

次に、慶ちゃんに関して強く覚えてるの去年になっちゃうけど大丈夫?  誰も怒らないですか??????  ……嵐にしか目がなかったんだ、許してください。

24TVのメインパーソナリティがNEWSになったとな。当時の私は驚いた。「え?  嵐じゃないの??」……ぶん殴りたい。とりあえずこの事を知った時、まず1番最初に思ったのが「見なくていっか...」だった。誰か過去の私を殴って。ていうかこの話も何回もしてるな??  飽きないで、同じこと何回も言ってしまうのが癖なんです。だけど手越くんもいるっつーことで、見るか悩んでたんだよね!!!  Blabo☆手越くん!  嵐じゃないからってチャリTシャツ買わなかった過去の私はひとまず滅んで。

部活があったから全部は見れなかったけど、オープニングは見てた。というか、オープニングで歌いながら出てくるNEWSを見た時に「見なきゃダメだよ」って聞こえた気がしたんだよね。「絶対に見た方がいいよ」って。今考えると、神様からのお告げだったのかもしれない。有り難すぎる。

嵐にしやがれ が始まったとき、夢にまで見た櫻井翔手越祐也の並びとかを見て歓喜……この頃もし平和魂の存在知ってたら私、泡吹いてたんじゃない??  でもここでも慶ちゃん(含めた他の3人)の記憶あんまない。手越くんばっか見てた。謝る。

次の日私はいつも通り部活行ってた……のかな?  家にいたのか、それすらも忘れちゃったけど。今でもハッキリと頭に残ってるシーンがある。きっとこのシーンは、いつまで経っても忘れないと思う。……皆そうかな。

よさこいよさこいです。(大切なので2回言いました)  もちろん踊ってるNEWS、とってもカッコよかったし素敵だった。でもそこよりも私が記憶に焼き付いて離れないのは、始まり方終わったあと

よさこい慶ちゃんから始まったんだよね。

f:id:NEWS_m_xxx:20170501145255j:image

f:id:NEWS_m_xxx:20170501145304j:image

(今急いで参考画像探してきたので、画質の悪さには目をつぶってください)

最初に後ろ向いて皆に微笑みかけ、気合を入れるように「よし!」と言ってこっちを向く慶ちゃん。そして右手を高くあげて合図する慶ちゃん。

この一連の流れを見ていた私、ごくりと唾を飲み込む。たぶん呼吸してなかったんじゃない???  そのくらい引き込まれた。この一瞬の慶ちゃんで。

そして1曲目が終わったときの「そいやーっ!!」ね。

f:id:NEWS_m_xxx:20170501145921j:image

ここで私は小山慶一郎という存在の恐ろしさに気づく。「待って……待って無理...慶ちゃんかっこよすぎじゃん……」って泣きながら言ってた記憶ある。

で、最後のかけ声。

f:id:NEWS_m_xxx:20170501150312j:image

ここ、慶ちゃんの声がとってもとーっても聞こえた。ひとつ前の「そいやーっ!!」もそうだけど、私はこんなに男らしい表情をして声を張る小山慶一郎を見たのは初めてだった。他の3人の表情、踊りとかももちろん見ていて。私はこのときから、NEWSをちゃんと応援していきたいと思って今がある。

 

長くなってしまったけどつまり、もしかしたらあの日あのとき私がよさこいを見ていなくて、慶ちゃんのかけ声とか聞いてなかったら。今こうやってNEWSに重きを置いている自分なんかいなかったかもしれない。私がNEWSを知ったきっかけは間違いなく手越くんだけど、本気にさせてくれたのは慶ちゃんなのかもしれないな。

今年もパーソナリティ、頑張ってね。翔くんと亀梨くんと3人で、今年も成功させてください。ちゃんと見るね……。(消えない去年の記憶)

 

 

あともうひとつだけ、今年の2月21日の話をしたいです。その日の15時頃私は、新橋にいました。そうです、逢いに行ったんです、慶ちゃんに。

出てくる時間の1時間半前なのに、もう待ってる人は待ってた。素直に尊敬した。だってその日めちゃめちゃ寒かったんだもん...風強すぎたし……。私と友達も早く着いた方らしく、なかなか前の方で待機することが出来ました。

出てくるまでが長かった。ぱらっちさんと黄色いデブくんが観覧の人に向けて、すごい量のファンサしてくれてて笑った。有難かったです。

そして16時半頃、そのときが来ました。一瞬だけ騒がしくなる周り。私も友達も初めてだったのでよくわからず、必死に2人でコソコソと慶ちゃんの姿を探してました。その甲斐あってか(たぶん)そこにいた人たちの1番初めに小山慶一郎の姿を確認。私、思わず「ヒィ……ッ!!???!!?」と声を漏らす。

慶ちゃんは出入り口のドアにもたれかかって、水筒で水分補給をしてらっしゃいました。私はこの頃すでにパニック状態だけど。「やばいやばい( ; _ ; )  小山慶一郎が水分補給してるんだけど( ; _ ; )」って小声で繰り返して言ってた気がする。人間だからそりゃするのにな。冷静なんて文字、もうどこにも無かった☆

そしてこっちに歩いてくる慶ちゃん。実はこの辺あんまり記憶にない。あまりにも小山慶一郎がカッコよかったもので。手振られたかどうか覚えない。ただただ必死に声が出ないように頑張ってた記憶はある。

カメラが回っている時は難無くこなし、まわらなくなると姿勢をちょっと崩す。これがまたカッコよかった。人間が片足重心しててカッコよかったのなんて、小山慶一郎しか知らない。

コーナーが終わってカメラが回らなくなった後、振り向いて手を振ってくる慶ちゃん。私はもう声なんて出せなかった。半泣きだった。ひと通りの方に手を振ったら、一礼して去っていった。私と友達は放心状態。皆は慶ちゃんが戻ったあとすぐいなくなってしまってたけど、私達は最後まで残ってぱらっちさんと黄色いデブくんがいなくなるまで見送った。(ぱらっちさん、ブログに載せてくださってありがとうございました...!)(そのブログの写真見て感涙でした)(夢じゃなかったんだなって……)

その後少し歩いたところにエスカレーターがある(わかる人はわかる)けど、そこでまさかの友人落ちる。途中、前にいた友達が膝から崩れ落ちて下まで落ちていったの。『小山くんヤバすぎて足に力入らない……』って落ちる前も後もずっと言ってた。わかる。私はひたすらメソメソしてたタイプだったけど。

慶ちゃんがQUARTETTOオーラスのMCで「テレビで見るよりかっこいいでしょ?!」って言ってたけど、確かにって思った。テレビでも当たり前にかっこよすぎなんだけど、それを悠々と越してきたもん。SUKI...

 

 

 

 

……まあそんなわけでね、私の慶ちゃんへの誕生日記事、そろそろしめたいとおもいます。

 

メンバー愛が強い(強すぎる)ところも、優しさ溢れかえってる性格も、昔のホスト時代も、今のキャスター兼任時代も、天然なところも、実は結構男らしい部分があるところも、歌声も、ダンスも、スタイル良すぎなとこも、……どんどんこうやって出てきちゃって書ききれないけど、そんな慶ちゃんが好きで。どんな小山慶一郎でも大好きです。

33歳、おめでとう。

 

 

 

 

ソロシャッフルしてほしい件

 

 

 

題名のとおりです。メンバー内で、ソロシャッフルしてほしい所存です。

実はこれ、結構前から思ってる。私は嵐担なわけもあり、嵐フェスを知ってしまっているから...。いつか機会があれば、マスヒツに「まっすーはもちろん嵐フェス、知っていますよね!  15周年になる記念でもなんでもいいのですが、ああいったものも見てみたいです。 ソロシャッフルだったり、各々のソロの後ろで他の3人が踊ったり、色々してほしいです!  ご検討よろしくお願いします!!」って送ってみたい。めっちゃ図々しい奴じゃんコレ。他にも嵐フェスはJr.を使わないから、嵐だけがステージ上にいるって演出もある。でもこれはNEWSくんやらなそう。Jr.のことちゃんと出しそう。笑

ま、嵐フェスでもソロシャッフルはしてないんですけどね。してほしい、嵐にも。絶対楽しい。(確信)  というかソロシャッフルとかしないと、潤くんが しぇけ ばっかになっちゃいそうだし。(そこ)

 

 

というわけで早速行きましょう、NEWSのソロシャッフル!!!!ドンドンパフパフ☆

 

エントリーNo.1 小山慶一郎銀座ラプソディ

……え??????  のっけから趣旨が違う????  ...すみません、それは謝ります。でもどうしても、どうしても小山慶一郎にはこの曲をやってほしくて。あ、もちろん襟足伸ばしてからで。嵐フェスはファンの意見を反映させる場所(コンサート)なので、これも頑張れば叶うと思ってる。

ていうかロメオやったんだからコレもやってよ〜〜!!!(じたばた)  来年期待してる。15周年でもその先でもいつでもいい(出来れば早いうちにが良い)から、この曲を音源化してくれなきゃボイコット起こす。そのくらい好き。DIAMONDのディスク入れて、こやまぴーのコレ見て満足するくらいには好きです。

 

エントリーNo.2 手越祐也ゴメンネジュリエット

はいキタコレ!!!!!!!!!!!

この曲もちょっと趣旨が違うけど許して。前々から言ってるけど、手越くんにゴメンネジュリエット歌って踊ってほしい欲が相変わらず溢れてるから!!

たしか平和魂で亮ちゃんと手越くんが、山Pの下で踊ってたよね。あれだけで私泣けたもん。しかも手越くん口ずさんでんの。おえげろです。語彙力は捨てました。

 

エントリーNo.3 増田貴久愛のエレジー

ぜっったいに死人が出る。小山慶一郎もなっかなかだけど、あの人って普段からえっちじゃん。(言い方)  だから「あなたを死ぬまで 愛したい」「うわ〜〜!!!  えっち〜〜〜〜。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。エーンエーン」ってなるけど、たぶんまっすーがその部分言ったら「ヒェ...……ッ」だよね。...まっすー、恥ずかしがって笑わないでね。(大事)

 

エントリーNo.4 加藤シゲアキ

ちょっと、とりあえず歌ってみてほしい。別に踊らなくていいから。純白魂DVDの 勿忘草 のシゲぴーのこぶし(?)のようなものを聴いた時、とってもとってもその歌声が好きで仕方なくなったのを今でも覚えてる。だから 暁 みたいな曲、きっとシゲぴーには合う。シゲぴーはすごく歌が上手くなったし、色んな歌とかパート歌って欲しい!

 

エントリーNo.5 小山慶一郎星の王子さま

絶対良い。(即答)  もともと、シゲぴーworld全開☆な 星の王子さま が大好きな私にとってこのコラボレーションは夢。この曲のイントロがまず大好きすぎて困る。あと、小山慶一郎に星関係の歌を歌わせたら最強だから。Starry とかね。

 

エントリーNo.6 手越祐也LIS'N

ひと言良いですか。...想像出来ない。www  笑っちゃダメなんですけど!  でも、ただでさえKちゃんNEWSで「♩りっすんとぅだーへーへーふーひー」みたいに歌ってた方ですよ???  てまらじで「なんか言ってんな〜って」「おい(笑)」ってやりとりしてた方ですよ??????  ちゃんと歌えるかな?(歌える)  所詮やろうと思ったらやれる子です。負けず嫌いも重なって、きっとTakahisa Masudaの上に来ようと頑張ることでしょう。ラップとか経験あんまないし、完成度を高くするためにはそれなりの頑張りが必要になると思うけど、たぶん……いや絶対に本番ではラップ完璧!  イケイケ感炸裂!!  からの「Shut up and watch me...」で無事手越担は死ぬ。ありがとうございました。

 

 

今回はここまでにします!!!!  今度は嵐とNEWSのソロシャッフルでも記事にしてみたいな〜〜!  時間と気力があれば!!!!!!!!!!!( )

明日は我らがリーダーのお誕生日ですね!!  あれで33歳なんだ...この世の中どうなってんだろうな。手越くんが今年で30歳っていう現実もよくわかんないけどさ。

明日中に誕生日おめでとう記事書けるといいな〜!!!!!

 

 

 

 

その日に向けて

 

 

 

まずい。とってもまずい。まさかここまでだとは思わなかった……。

 

最近、「太ったなあ〜」とは感じていた。一緒に暮らしている祖母にも『あんた太ったよね』って言われていたし、自分自身でも運動しないわ食べまくるわで酷いのは気づいていたよ。

去年の夏くらいまで履けていたジーパンのウエスト部分がしまらなかったり顎肉が三重くらいになってたり、自分で見てもわかるくらいももとふくらはぎがふっとくなってたり

でもまあ高校卒業して部活もしなくなって、こうなるだろうなとは思ってたから予想範囲内だったよ、ここまではね。だから体重計にも乗ってこなかったよ。

だがしかし、今さっきの話。ふと体重計が目に入り、乗ってみようかと思いつく私。増えてても4kgくらいだろうと思って乗った。...

それで数字見た時、過去最高の体重を表示されたとき。舐めてた、完全に自分の甘さ侮ってたわ。驚きすぎて洗面所から「え゙!!??!」って声を張り上げる始末。

 

そんなわけで冒頭に戻ります。まずい。本当にまずいなこれは、と。

たぶん普段の私だったら「ま、成長したってことにしよ!?」って見て見ぬ振りするんだろうけど、今は出来ない。むしろ向き合って行かないといけない。……なぜかって??????

そんなの決まってるでしょう。デートがあるんですよ!!!!(コンサート)

手越くんをはじめとするNEWSの方々に逢うのに、過去最高の重さでなんて...そんなのありえないでしょ……!(焦り)

こんなこと言うのもあれだけど、今までダイエットっていうダイエットをやってこなかったから、やり方がわからない。これもまた今までの自分の甘さ...。とりあえず、身体は動かさないとなって考えてます。私は本当に身体を動かさない子なんです、体育とかが憂鬱だったタイプ。

でもそんな身体に鞭打って、これから1ヶ月は積極的に身体を動かしたいと!!!  それと、私は胃下垂のせいか、1日OFFの日とかだと"朝食⇒おやつ⇒昼食⇒おやつ⇒おやつ⇒おやつ⇒(夕食)"みたいな食生活を送ることが多くてですね……。ホントに何やってんだろうね、自業自得だわこりゃ。なので、おやつの量減らします。なるべく食べない。お腹すいても気合で乗り越える!!

 

全ては6月のデートのため。ヲタってつくづく思うけど凄いよな!(まさかの自画自賛)

 

f:id:NEWS_m_xxx:20170424165607j:image

手越くんも最近ちょっとぷっくりしたかなあ と私は思うので、一緒に痩せよう!!!!!!!!!!!  ついでに髪の毛染め直しといて☆

 

最後に目標を言っておきます、宣言させてください...!

1ヶ月で5kg痩せるです、お願いします〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

もし、貴族探偵を

 

 

 

昨日から、月9ドラマの 貴族探偵 が始まりましたね!!!  うわーい!  ARASHIANSの皆様おめでとうございま〜〜す!!!!(時差)

主題歌、めっちょかっこいい。I'll be there だっけ。最近アラシゴト追えてないから...曖昧だけど、合ってるはず。なんであんな良曲出してきたんや。私が降りようと頑張っているのに!!(知らんがな)  でも同じように嵐から降りようと頑張っている友達も、主題歌のかっこよさに『降りられない!!!!!』って嘆いてた。わかる。

あ、それと、あゆはぴ魂円盤発売おめでとうございます!!!!!!!!!!!  この際だし言っちゃおう、みたいなね!  今回の売り方、嵐にしては汚いね???(微笑み)  去年からNEWSくんで慣れてたから平気だったけど、たまげた。「いつから嵐ってこんな売り方するようになったん?!  これ以上稼いで何したいん?!!?!」って何回か言った。ごめんなさい。(土下座)  ……あ、私ですか?  お金を使う予定が無かったら初回盤も通常盤も買ってたと思うんですけど、何せ6月に大規模なデートが控えてて!(> <)  悩んだんですけど、通常盤買うことにしました〜!!  やっぱり貢いじゃうよ〜降りきれないの悔しい〜〜!!!  シングルは買わなくなったよ、耐えてるんだよ...。

 

こんな話がしたかったんじゃなくて……貴族探偵、見させていただきました。感想ですか??  普通に面白かった。以上です☆  最初見始めて数分、まーくんがいつになったら出てくるのやらと思ってダラダラしてたら、まさかあんな登場の仕方するとはね?  マスオさんになったわ。リアルに「えぇーーー?!?」って言ったわ。(どうでもいい)

もっともっと中身のある感想文は、ちゃんとしたARASHIANSの方が書いてくださってると思う。私は今からちょっと話の流れ変えますよ。小山慶一郎出てくるからね、この先。よろしく!

 

 

「美しい女性たちをもてなすのは、貴族の嗜みですから。(にっこり)」

はい、私が言いたいことわかりますね????  わからなくてもいいです、私が言いたいだけなんです。

貴族探偵、私はどーーーーしても小山慶一郎がこの役やったら...」と考えながら見てしまっていた。(※手越担)  だって、想像してみてください。小山慶一郎が使用人をこき使ったり、女を連れて釣りに行ったり、女と一夜を過ごしたり(しかもおしゃべりだけじゃない)してるんですよ??  私の大好きなギャップ萌えが詰まってる。

もちろんまーくんも同じです。誰にでも愛想良く接して、笑顔を絶やさない優しいまーくん。そんなまーくんが使用人をこき使い、女と遊びまくっている。……。Why did they cast him as him?(なぜ彼らは、彼に彼の役を振り当てたの?)  拙い英語力...。でも実際ほんとにこう思ったので。

 

これからの月曜9時が楽しみで仕方ない!  もちろんまーくんの演技、楽しませてもらいます!!!!  その一方では、慶ちゃんに当てはめて見てしまう自分もいると思うけど!!  ドラマとかの楽しみは人それぞれでしょ?☆

謎多き役を、いつかNEWS誰かに演じてほしいものです。犯人役でもいいや。……手越くんはだいぶ経験してるか...。

 

 

 

 

(´-」-`)また好きになっちゃうじゃん...

 

 

 

タイトルを見て、ピンと来た方は少ないと思う。知ってる人の方が少ないだろうし。

 

2017年4月9日の夜、福岡公演にて。小山慶一郎から、このような言葉が発せられた。私は実際に入っていた訳じゃないから、MCレポを読んでこれを知った。

どうやら慶ちゃんからこの言葉が発せられる前に、手越くんが去年のオーラスでの魔法の言葉をまた言ったらしく。それを聞いて、慶ちゃんはタイトルの言葉を発したわけだけど。

この言葉、違う見方も出来ないかな……って考えた。シチュエーションはもちろん、個々で考えるものがあると思うんだ。というわけで今回の記事では、どんなシチュエーションで小山慶一郎からこの言葉を言われたいか考えてみた。(自分なりに)

 

 

時は学生時代にするとして。そうだなあ...高校生が1番無難だよね、なんか中学って若いし。ちなみになんですけども、私的には小山慶一郎は歳上枠なので、同級生や歳下には絶対にしない。したくない。小山慶一郎は歳上!!!(しつこい)  あと話がそれちゃうけど、テゴシゲは同い歳が良くて、まっすーはひとつ上、慶ちゃんはふたつ上がいい。私の中の黄金比率。

私が高校1年生、慶ちゃんが高校3年生。うん最高。どんな出逢いがいいかな????  私、慶ちゃんには 生徒会長 とかやっててもらいたいんだけど?  ……あ、欲望丸出しだね、控える☆  まあラブストーリーは突然やってくるものだし、**(女の子)が廊下ですれ違った小山先輩に一目惚れしちゃう...感じ??????(雑)  そのとき慶ちゃんも一目惚れしてるんだよね。うん、そうしとこ。運命にしとこ。

2人が付き合うことになるきっかけの告白は、もちろん慶ちゃんから。でもそれまで行くのには困難ありまくり。だって慶ちゃん、女子の先輩にモテまくりだし。ある日小山先輩が**のクラスに来て「ねえねえ!  **いるかな?」なんて探されたときには、どっからか嗅ぎつけた女子の先輩たちから呼び出し。『あんた、慶一郎のなんなの?』『彼女でもないのに調子乗ってんじゃねーよ』だの、暴言吐かれたりする。妬みだと思って流そうね!  そのうち慶ちゃんのほうもエゴs……じゃなくて、素早く人脈つかってこの事知って、女子の先輩たちを目が笑ってない笑顔でズタズタにしてるから。それからはもう何も言ってこなくなるから。こゎぃ☆

そんなこんなで正式に付き合った2人は順調に続くんだけど、小山先輩の受験が近づくにつれて互いにすれ違うようになるの。冬休みくらいかな、慶ちゃんからTELがかかってくる。だいたいこれで察するけど、出るしかないから出ようね...。「……もしもし」「もしもし**?  今って外出てこれるかな」って会話して部屋の窓からカーテン開けて外見ると、玄関の前で寒そうに待ってる小山慶一郎がいる。会話の途中(TEL繋がったまま)だから、携帯を耳に当てたままの小山慶一郎マフラーで口元隠してる前髪は目に少しかかってる!!(大事)  あと、コートは長めのやつで。その他はこの記事読んでくださってる方々にお任せするけど、どう考えてもこの時点までで爆イケが決定事項になっています。罪な男、小山慶一郎。(SUKI)

慶ちゃんが風邪ひくといけないので、急いでそのへんのもの羽織って外に出る。……どうせこのあとされるのは別れ話だろうし、見た目になんか気使ってられないよね☆  慶ちゃんは**を見つけてちょっとだけ微笑んでから、申し訳なさそうに口を開くの。「**、急に...ごめんね(笑)」「……ううん、大丈夫だよ?」「そっか……」で会話が一旦とまる。気まずさMAX!!!  どうしようか迷ってると、慶ちゃんが小さく ふうっ... って息を吐く。ため息じゃないんだけど、なんか覚悟決めた感じの。それで「**、俺と別れてくれる?」ってね。……あれ、これ書いてるだけなのに心がしんどいんですけど大丈夫かな??(感情移入が激しいタイプ)  これに関しては察してたこともあるし、あーだこーだ言って困った顔させたくないので「わかった...」って受け入れようね。心が泣いてるけど。

そのまま何もなく月日は流れて、**は大学生になります。ちなみに大学は、わざわざ小山慶一郎とは別のところにしたということにしてあります。引きずるタイプの女の子です。忘れられないよね、あんな罪な男。わかる。(感情移入)  そんなある日、**のバイト先のカフェに来ます。罪な男が。カフェのイメージはス〇ーバックスで。「ご注文お決まりでしたらどう...ぞ...」「……久しぶりだね、**(笑)」みたいな〜〜!!!!  ここでポイントなのは、2人とも故意に逢ったわけではないというところでしょうか。だからこそ気まずい!  まぁこの後慶ちゃんは普通に注文するし、飲み物もらったら席についちゃうから特に会話はここでは無し。でも帰り際、テーブルを拭いていた**に少し近づいてコソッと言うんです。「この後、バイト終わったら電話して。...番号、変わってないから」って。終わったあと即TELするに決まってる!!!!!!!!!!!(半泣き)

TELすると、慶ちゃんが車で来てくれます。5分もしないうちに。絶対近くでスタンバってたやつ...。それで乗るように促されて、行き先を言われないまま車は走り出す。数分走って車がとまるんだけど、その場所が2人で通ってた高校。「うわ〜懐かしい!(笑)  覚えてる?」なんて目を輝かせて言うんで、誰のせいで忘れられない場所になってると思ってんだよ!!!というのは飲み込んでおきましょう☆

もちろん忍び込む。お約束。学年が違ったから教室とかが一緒になることはなかったわけで、この日初めて同じ教室で隣同士に座ってみます。でも何を話すというわけでもないし、お互い気まずさもあって、慶ちゃんが早々に席を立って黒板の方に行っちゃうの。それで黒板の方に向いたまま、**に言います。「...俺ね、留学するんだ」と。悲しすぎる。そんなこと言われたって今**は彼女でもなんでもないし、引き止める権限もないから「……そっか、...頑張ってね!(笑)」とかしか言えない。慶ちゃんも「おう(笑)」しか返さない。なんなん...!?

その後特に何かあるわけでもなく、車に戻る。2人は無言、気まずさ相変わらずMAX状態。それでも**は、留学してしまうんだったら今しかないと思って意を決する。「あのさ...?」っておずおずしながらも声をかけると、慶ちゃんは「ん?」って言いながらちゃんとこっち向いてくれるから!!  そして畳み掛ける!!!!!  「私、まだ、慶ちゃんのこと好「**」「...っ」  はい、止められた!!!!!!!!  そして小山慶一郎はこう言うんだ。「俺、**を振ったときにそのときまでの気持ちは全部捨てたの」なんてね...。ひどい男になっちゃってる?  大丈夫か???

そのまま慶ちゃんは家の前まで送ってくれる。なーんも話さない(話せない)けど。で、家の前に車止めてくれるんだけど、ほんっとにドア開けて出ようとしたとき(つまり最後の最後)に「**、もう俺のこと諦めてね?(笑)」って言ってきて、何とも言えないでいると「じゃないと俺、せっかく**のこと忘れようとしてたのに...……また好きになっちゃうじゃん...って!!!!!!!!!!!(号泣)

そんなこと言われてさあ!!  好きでいるの諦める人なんているの?!!?  いや、いない!!!!(反語)

 

……え、長い????  そうですよね、私も思いましたもん。まず前置きみたいなのがなげぇもん。実はまだあるんですよ。聞きます??????  うんざりしてたらもう終わっていいんですけどね、もうひとパターンだけどうしても外せなくて。どっちか悩んだんですよね...!

上のは実際に**に言ってしまうパターンだったんですけど、もうひとつは言わない。あとになって1人でぼそっと言うパターン。ちなみに言うと、私的にはこっちのほうが萌え度が高い。(知らんがな)

途中まで(諦めてね? まで)は一緒。その後何も言えないでいる**に「も〜〜!(笑)  なら、俺の連絡先とか消して?  俺も留学するとき、携帯変えるだろうし...さ」って言う。それで半ば強引に諦めざるを得ない状況をつくり、そのままその日は別れる。1人で車を運転して家に戻ってきた小山慶一郎は、なかなか車から降りられないんですよ。車庫にいつも通り入れてあとは自分が出て鍵をかけて終わり なのに、さっきまで助手席には好きだった子がいたわけだし。「……はぁ〜〜...」ってため息ついて、そのあとにぼそっと「また好きになっちゃうじゃん...」です。

 

……どうでしょう????  やっぱり後者の方が萌えません???  私は萌えます。でもま、人によって好みは分かれると思うんで。こういうところも、人と違うと楽しいところですよね!!  あとあと、留学とか嘘です☆みたいなのでもいいかと。どっちのパターンにせよ、**のこと諦めたいがためにしている(言っている)ことなので、留学が理由じゃなくてもいいんだよね。誰かに『別れないと〜〜』みたいなこと言われてて、どうにか諦めようとしてる的なシチュエーションでも全然ありだし萌える。ちなみになんで留学如きでこんなに諦めたがっているかっていうのはそれぞれの解釈あると思うんですけど、私は "位置的に離れてしまったら(寂しさに)耐えられなくなってしまって迷惑をかけてしまう" と小山慶一郎重く考えてしまったから という方向性にしていました。

まあこの後また運命の赤い糸があって再会して付き合って結婚するかもしれないし、本当にこのままお互い逢わないようになってしまってそれぞれを忘れられないまま別に家庭を築くかもしれないし、どんな未来にしたいかは皆さん次第ですから☆

 

 

...ここまで約4000文字なんだけど、コンサートのMC中の一言だけでここまで頭フル回転するなんて、私なかなかやばいな。……やばいな????

 

 

 

 

NEWSのつくる、NEVERLAND

 

 

 

「お題「NEVERLAND」レビュー」

 

このお題で書かせていただきます!  こういうお題みたいなの使って書くの初めてだ...。温かく見守ってください。自分なりに書くので、石は投げないでください☆

 

 

3月22日に、NEWSというジャニーズグループからニューアルバムが発売されました。えぇ、皆さんもう手にしているだろうアレですね。...え?  手にしてない????  そんな方がいらっしゃったとは……。ならば、少しでも売り上げに貢献できるよう、どんどこ推します。読んだら買って。とにかく買って。(すごい推し方)

 

今回のニューアルバムのタイトルはずばり、NEVERLANDです。そうそう、あのピーターパンとかがいる夢世界ね。まあ4人はどうやら、鍵職人なんですけども。...そんなことはとりあえず置いといて(じゃないと話の収拾がつかなくなる)、アルバムの中の曲を紹介したいと思います。

 

1. "The Entrance"

このアルバムの始まりは、曲ではなくナレーションから始まります。ナレーションをしてくださっている方はどうやら有名らしいのですが、ジャニーズしか見てこなかった私は……大変申し訳ないことに存じ上げませんでした。土下座します。

ナレーションの一言目、なんだと思いますか?

「ようこそ、NEVERLANDへ」ですよ??????  もう私たちは、いつの間にかNEVERLANDに連れていかれてるんです。もう始まってるんですよ、夢世界は。

そのあと Mr. impossible と名乗るこの方は、あといくつかあるナレーションでNEVERLANDを案内してくれます。

そしてこう続きます。「鍵を見つけてくれてどうもありがとう。目の前にある、この時空の扉。これは、あなたの旅のゴールでもあり、始まりでもあります...

あれ、いつから私の目の前に時空の扉あったんだろう……??って思いませんか。私は思いました、でも想像力豊かなので余裕でしたが。

「ここにいる間、現実では有り得ない今までに体感したことのない様々な出来事が起こるはずです...

さらーーっとすごいこと言ってます、Mr. impossibleさん。某テーマパークより夢ある。NEWSのNEVERLANDこゎぃ!!!!

 

2. NEVERLAND

このアルバムのリード曲です。題名の通り、これから始まる世界の感じを表していると思います。これ、初めて聴いたときは普通に衝撃走りましたよ。てっきりほんとに、ピーターパンとか出てくんじゃないかと思ってた。キラキラ.。.:*☆みたいなの来ると思ってた。まさかの冒頭から重低音。音の厚みがすごい。サウンドに驚いてると、異民族みたいな声してくるから。(※disってません)

歌詞見るまで気づかなかったんですけど、NEVERLAND と書いて 夢 って読ませるのね……。表現力に長けてるね...。

あんまり私は深くまで書けないから、他の方々のブログなど読んでください。NEWS担の方々のブログは奥深いから……。

ちなみにこの曲、1回聴くとメロディーが頭から離れなくなる。水戸黄門に似てる。(ひどい)

 

3. アン・ドゥ・トロワ

歌詞を見ないまま聴いていたら、普通におしゃれな曲だと思ってました。歌詞を見るまでは。NEWSって、とある方も言ってたんですけど、抱く曲が多めというか。すーぐ抱いちゃう。抱きたがり。...この曲もそのようで、歌詞を見たらそこカタカナにするか?ってとこをカタカナにしてらっしゃいました。えぇ、抱いてました。(断言)

……あ、最後のサビの前部分で、手越くんのソロパートがあるんですけど、その裏でファルセットしてる小山慶一郎が好きなのでよろしくお願いします。なかなかファルセットとかしない慶ちゃんがすると、こんな風に聴こえるんだなぁとキュンキュンしました☆

 

4. EMMA

ここで来た、嫌われる勇気OPテーマ。イントロからテンションあがる曲で有名です。(私調べ)

なかなかハードな歌詞だったり、ジャケットプレイ(意味深)をする曲なので、NEVERLANDの雰囲気に合うのかな〜と思っていましたが、なんとも言えないこのマッチング感...!!!  聴けばわかるので買ってください。

 

5. "7 Elements"

ナレーションが入ります。ここでは、NEVERLANDを構成する7つの要素について、Mr. impossible がお話してくれます。結論から言ってしまいますと、です。この7つが揃っているのは、NEVERLANDだけだそうです。なんて完璧な世界なんでしょうね、NEVERLANDって!!!!!

ちなみのこの7つの要素、アルバム曲と関係しているようでした。Black FireEMMA(逆から読むと 雨)、Brightestアン・ドゥ・トロワミステリアSilent Love、のような考えです。あくまで私は、ですよ!  他にも当てはまる曲いくつかあるんですけど、イメージが強いものをひとつ選ばせてもらいました。の部分に関しては、このアルバム自体がそれなのかなと。

 

6. Brightest

 初めて聴いた感想は、ポコッ☆でした。怒らないで...!  あとイントロのトライアングルの(だと思われる)音が印象的で、リズム感がそれで出ていて面白いなあと思いました。

手越くんのパートに ♩Ah 今日もキミに逢えるといいな、今どこで何してるかな。。ってあるんですけど、これ手越くん過ぎてスゴイ。この歌詞を手越くんが歌ってるってゴイスーです。もろ手越くんだもん。手越くんこういうこと考えてそうじゃん??

あとは、手越くんが ♩キミは僕のbaby って歌うところは「うんうんありがと♡」って聴いてられたけど、シゲぴーが ♩キミは僕のbaby って歌うと「オヴッ!!!」ってなったよ。なんだろうねこの違い。……シゲぴーの少し掠れ気味の声がそのメロディーに合ってるのかな?  手越くんは手越くんで、コンサートでは少し微笑んで歌ってくれそう。SUKI☆

 

7. Silent Love

ちょっと誰ですか!?  歌い出しをシゲぴーにしたのは!!!!  褒めます。(なんなんだ)  でもシゲぴーから始まる曲って切ない系が多い気がする。これも切なかった。

この曲の歌割りなんですけど、1人1人が少し長め。EMMAのカップリング、Snow Danceと同じような感じですね!(順番は違うけど)  シゲぴーが歌い出し、慶ちゃんが後に続く。サビは手越くんが切なめに、だけど少し力強く歌う。その手越くんの裏では、まっすーが密かに支えています。Snow Danceのとき、まっすーパートの少なさに増田担のお友達がぷんすこしてらっしゃったので、今回もそうなのか...?とヒヤヒヤしていたら凄いものが待ってました。

増田貴久のラップ。とんでもないです。どうやって伝えたら伝わるのかわからないので、とりあえず聴きましょう??????  話はそれからです。

 

8. 恋を知らない君へ

思い出すのはもちろん、2016年夏...。この楽曲を初めて地上波で披露したとき、私はその瞬間に立ち会っていた。(それから少しした後の24TVから、まさかNEWSを本気で応援していくことになろうとはこの時まだ知らない)

そんなことは置いといて、ちゃんと曲について話しま〜〜す☆

なんだろうね、なんか Silent Love から 恋知ら の流れって、曲調が全然違うのになんか合ってる。同じ "愛" のエレメントを持つからかな?

♩言えなくて 言えなくて 好きだよなんて って歌ってた方、次の曲では ♩嗚呼 あなただけは消えないで ってお願いしてるから。好きだって言えない上に、消えないでほしいと願う手越くん。どこのいい子だよ!!!

 

9. " Neverland Cast Members "

これ、すごくないですか??????(語彙力は捨てています)  まさかにそうだなあって思ったもん。Mr. impossible すげえ……!(そこじゃない)

動力時空言葉美観。これって4人それぞれの立ち位置というか、働きというか。手越くんはやっぱりNEWSの大きな原動力だと思うし、慶ちゃんは生放送に生きる人でありMCでまとめたりしているし、シゲぴーは小説家としても知られていて、まっすーはファッション(衣装)や構成を考えている。

こんなに当てはまるキャスティング考えたの誰ですか!!!!  これも Mr. impossible ですか?!?

確かにこの4人無しでは、NEVERLANDはNEVERLANDじゃないと思う。NEWSがいてこそのNEVERLAND、みたいなもんじゃん??(誰)

 

10. ミステリア

あの〜すみません、ちょっと良いですか?  どうしてもここで言いたいことがあって。ええ。

この曲への持っていき方、どう考えても最高すぎでは?????  地味に流れ的には、ここが1番好きかもしれない。

Mr. impossible が話し終わった後すぐ、ミステリアのイントロが流れる。そして増田さんの♩ミステリア〜 です。ここまででもう、私のテンションはオゾン層をぶち破る勢いで上昇します。

どうやら他の方のブログを読んで知ったのですが、この曲なかなか奥が深そうです。♩5つの駅をやり過ごして 終着の場所 の部分とか。5つの駅、っていうのがアルバムに関係してそうだとかなんとか。まぁ、私は難しーく考えるのが得意ではないので、読んで楽しませていただきました!!

というか...Mr. モンスター って誰なんでしょうね。アイツってのも気になります。

あと今の話には全然関係ないんですけど、♩「踏み込んだら 最後なのよ」のまっすーがめちゃめちゃ好きです。

 

11. BLACK FIRE

これ、アルバム発売される前に、KちゃんNEWSで話題になってたの覚えてますか?  なんか慶ちゃんが「手越さあ、めっちゃ吠えてるよねw」みたいなこと言ってて、手越くんも「うん、吠えてる吠えてる。w」的な感じで答えてたときです。

私、その瞬間に思いました。これ、私死ぬやつじゃね??????って。(大丈夫でした)

実際に聴いた時は手越くんに興奮もしたけれど、雄叫びをあげる加藤シゲアキ(29)とてつもなく興奮しました。隣でシゲ担の相方も一緒に聴いてたんだけど、白目むいてた。シゲぴーっょぃ。

私、自分で周りに "手越くんの「Wonderrrr!!!!!!」担" と名乗るほど、手越くんのがなりがとにかく好きなんです。だから四奏魂のWonderのがなり聴くたび、死んで生き返ってるんですけど。

でもあれって、音源はそうでもないというか。キレイめで歌ってるというか。それがコンサートになった瞬間にああなるんだから、きっと今回もああなると思ってる。勝手に。まぁそんなことがあったら、私は墓をその場に作っていくことになってしまうね……。

 

12. ORIHIME

いや...さっきまでの手越くんどこいった????  こうですね。(雑すぎる)

♩願って 願って なんて、手越くんから始まるんですよ?  手越くんの声の振り幅怖すぎて笑えないわ。でも、BLACK FIRE からの ORIHIME って、4人とも声色変わっててアイドルを感じる。すごい。

この楽曲でどーーしても欠かせないポイント、それは♩もういいかい? です。良くない、全然良くないよ小山慶一郎こんなに格好良く聞かれても、私ぜーんぜんちゃんと答えられないけど大丈夫??????  毎回毎回、この部分聴くたび「いいよ〜〜。・°°・(>_<)・°°・。」ってなっちゃってる私がいるけど平気???(ダメ)  ……何が言いたいかって、ここを小山慶一郎にしたのは誰だってことよ。最高すぎるもんこんなの。このアルバムでいっちばん好き。胸がえぐられる。(ここまで言っといてこのパート、まっすーだったらホントに……ごめんね……)

 

13. 流れ星

10年間あっためてた曲なんだって?!!  詳細はちょっとよく存じ上げない、ごめんなさい!!!!!!!!!!!(ひどい)

この曲も NEVERLAND と一緒で、アルバム発売前にKちゃんNEWSでかけてもらった。実は初めて聴いたそのときは、あんまりピンと来なかったというか……その...ごめんなさい。(とりあえず謝る)  TwitterのTLが感動で埋まってる中、私は1人悩んでいたんだ……今なら謝れるから謝ります!!

でも発売されて聴けば聴くほど、なんか心に響いたの。聴けば聴くほど飽きるんじゃなくて、聴けば聴くほど響いたの。今ではすっかり好きになっちゃって。よくよく考えたら、そりゃフルスイング組で作ったこの曲がダメなわけなかった☆

 

14. " The Grand Finale "

あぁ、NEVERLANDが終わってしまう。こんなに不思議で楽しい世界にいるのに、もうそんな世界を出なくてはいけない。……そんな気分に陥りました、私は。(おそろしくネガティヴ)

でも次回入る時の鍵が、NEWSを愛し続ける心だと聞いて安心!!!!  そんな事言ったら私、年中無休で入れちゃうけど大丈夫?!

 

15. U R not alone

最高。この一言で終わらせてはダメですか?  ...そうですか。

でも聴いた方ならわかってくれると思うんです。この曲の良さっていうんですかね……。GReeeeNさんにまた、提供していただいた曲。なんかもうホント、良い意味でGReeeeN節炸裂してる。

だって考えてみてよ!  夢の世界から現実に帰ってきたときに、最初に聴くのがこの曲なんだよ!!  最高!!!!!!!!!

まっすーが「泣かないで歌える自信が無い」って言ってた意味、聴いたあとならわかった。だって私が思いっきり泣きながら聴いてたし歌ってた。こんな応援歌聴いたら(歌ったら)、泣かずになんていられないよ……!

しかもなんか、NEWSと歌詞が重なる。わざとかな?ってくらい重なったよ私の中で。それが余計私を泣かせる。ひどい。何この曲。泣かせる力半端ないな!?

♩拝啓 あの日の僕へ 今はココで立っています 誰かに笑われた夢を 今もココで見続けてます  とかもうなに??  完全に私の脳内では美恋魂の映像流れちゃってるけど????

 

16. " To Be Continued.... "

ツアーに続くんかい!って思わずツッコんでしまった。これに関しては内容よりも、題名のピリオドの数が4つなことに感動しました。

 

 

...長かった。ここまで約6000字!!!  なにしてんの私。明日入学式だけど?  ホントなにしてんの……。(一気に現実に戻されるタイプ)

実を言うとこの記事、下書きを繰り返して繰り返して書いてたから、だいぶ前から書いてたんだよ。いっぺんにぶわーーーって書く力、私には無いから!  数日かけて完成させてます、この記事だけ!!  ウケるね☆(どこが)

本当はソロも全員書こうかと思ってたんだけど、やめた。めんどくさいとかじゃなくて、シゲマスのはちょっと身が重い。いつものごとく担当様へ丸投げぽーい!!!!!!!!!  怒らないで。

慶ちゃんのは書こうと思えば書けるけど、これは私なんぞが踏み入れてはいけない領域だと思ってるから...。ニャン太は、慶ちゃんに拾ってもらえて良かったね。幸せだっただろうね! っていう浅い言葉しか出てこないし……下手に言葉にするよりも、個々でそれぞれ心に置いておいたほうがいいかなって。

というわけで分かっていたとは思いますが、手越担として、あのソロについて今から書かせていただきます。ここから手越担全開で行くので、少しでも読んでて気が引けたら、迷わず閉じてくださいね☆

 

 

♡ I'm coming

タイトルが発表された時点で、まあ騒がれたよね。「今行くよ」の純粋(またはお決まりの失恋パターン)か、「イ(ピーーーーーーーーー)(規制音)」なのか。私は後者であることを願いつつ、どうせまた失恋か...って思ってたタイプでした。だって考えてみて?  手越くん、Addict 以外失恋しまくってるんだもん。5年前にエロソロ歌って以来、失恋ソロがまた3年続いてしまったんだよ?  ほぼ諦めるじゃん……。

いやいや、もちろんどのソロも大好き。Encore なんて特に人気だったよね!  私は Addict 1番推してたけどね!!(小声)

そんな私の不安(?)を感じ取ったのか、手越くんは自らこのような発言をしてくださいました。

f:id:NEWS_m_xxx:20170405022829j:image

「ああ神様。・°°・(>_<)・°°・。」

これを見た瞬間、私は泣いた。早くも泣いた。そして周りの友達にずっと同じことを言っていた。

「どうしようどうしよう( ; ; ) 手越くんエロソロ復活( ; ; ) ほんっとにむり( ; ; ) 私のため?  私が今回逢えることになったから?????( ; ; )……お友達のみんな、ごめんね。私って常にヤバい奴なのに、冷静さ失ってる時ってほんと何しでかすか(言い出すか)わかんないもんね。ヲタってそんなもんよね。

そしてフラゲ日、シゲ担の相方を家に呼んでアルバムごと一緒に聴いた。(さっきちらっと出てきた子)  なんで来てくれたかって、私がその子に「1人でいてもお前にTELしてしまうと思うし、私に何かあったらとりあえず助けて」って言ったから。ちなみにコンサートもこの子と行く。お互い瀕死のときは助けるという約束。

そしてアルバムの17番目。ついにその時が来た。2人して息を殺すようにデッデッデ!を聴いていると、♩I'm coming... 

「〜〜〜〜っ!!?!????!?( ///◜p◝/// )(半狂乱)

そして私はその場に倒れる。瀕死。シゲ担の相方、私を見ながら固まる。(手越くんからのあまりの衝撃に面食らってた模様)

その後もセリフ(聞かせてくれ etc.)や歌詞ごとに死にまくる私と、「**、本当に良かったね...」喜ぶ相方。すごい図。(**は私の名前)

サビのあの雄叫びでは「手越くんまじでヤバいこと言ってる……」ってなる私と、「本当に良かったね、本当に...」ってまだ喜んでくれる相方。好きでしかない。

聴く前も聴いた後も「やっぱり私と手越くんは運命でしかない。今回のコンサートに導かれたのも運命だ...」(※恋は盲目)などとぶつぶつ呪文のように言う私に、相方は「うん、本っ当に運命だね...」って返してくれた。ありがとう。

これでどれほど私が今回の手越くんソロ好きなのわかっていただけたと思うんですけど、私はコンサート当日を心配していまして。

もうすでにツアーが始まっていて(この記事を書き始めたのはアルバム発売されてすぐだけどいつの間にか...)、感想がやっぱり回ってくるじゃんTwitterって。そうするとさ、皆が口を揃えて言ってるの。手越担は死ぬ。...うん、分かってた。そりゃあんなの歌われて生きていられるわけない。私は悟る。オーラスは私の命日。

私はネタバレとか見たくない派で、頑張って避けてる真っ最中。自分が行けないんだったらすぐにでも見ちゃって1人ムフムフするけど、今回は有難いことにそうではないので。今から楽しみ!!!  あと約2ヶ月!

 

 

あ、みんな〜〜!!!!!  NEVERLAND買ってね〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

NEWSで妄想 * お友達からのリクエスト編

 

 

 

時間があるときって、ブログ書きたくなっちゃうんです。だから書いてます。他に理由なんてないです。

ただテーマがなくて悩んでいたところ、Twitterを駆使してお友達に聞いてみたら、いい案をくれました。今回はそのテーマ(?)について、お話しようかな〜!!

 

まず1人目のお友達からは、こんなリクエストが来ました。

f:id:NEWS_m_xxx:20170319230447j:image

確かに雑だ。でもまぁリクエストしてくれただけ私は助かったので、ちょっと考えてみます。もちろん4人分頑張りますよ、ええ。

小山慶一郎の場合 → ある晴れた日の昼下がり、お仕事がOFFの慶ちゃんとお家でだらだらしていると、慶ちゃんが「ねぇ、ちょっと公園行かない?!」って無邪気に誘ってきます。快く承諾して、お互いラフな格好に着替えて家を出ます。慶ちゃんはちょっと隠せばオーラを消せるのでバレません。パツキンとは違います。家からそんなに離れていない、小さめの公園に着きました。慶ちゃんは真っ直ぐブランコへ。私もその後を追って、慶ちゃんが座った隣のブランコに腰掛けます。ここでポイントなのが、慶ちゃんはあんまり漕がない。たぶんブランコに座った後は、足でぐいぐい動かすくらいだと思う。たまーに漕ぐけど、すぐ怖くなってやめちゃうんです。KAWAII☆  小さい公園だからか人も少なくて、私たちはブランコでもだらだらおしゃべりをしながら過ごします。夕方くらいになったら、慶ちゃんが「あっ...もうこんな時間?(笑)」ってなって2人で手を繋いで帰ります♡

手越祐也の場合 → 私はバイトが終わって、22時過ぎに手越くんへ『今から帰るね!』とLINEをします。そうすると数分もしないうちに返信が来ます。内容は『俺も今帰ってたとこ!  ××公園の前らへんにいる〜』って感じですかね。おそらくこれは遠回しに寄り道したいって言ってるんじゃないかと察して、××公園へと向かいます。案の定そこに着くと、ブランコをたち漕ぎしてる手越くんがいます。私が駆け寄ると、手越くんは勢いに身を任せてブランコから飛びます。(伝われ)  「よくわかったね、俺が公園寄ろうとしてたの(笑)」って笑ってきます。わかるに決まってんだろ……っていうのは心にしまっておきましょう.。.:*☆  その後手越くんは自分の漕いでたブランコではなく、その隣の汚れてないブランコを指さして私を座らせてくれます。それで正面から来て、同じブランコに立ちます。いわゆる2人乗り状態です。手越くんは一生懸命漕いで楽しませてくれますよ☆  手越くんは夜じゃないとパツキン目立ってバレちゃうので。帰るときはやっぱり手を繋いで帰ります。ただし、手越くんは恋人繋ぎしてきます。ウフフ

増田貴久の場合 → 久しぶりに、高校生のときから好きな先輩と会うことになります。何故そうなったのかというと、その先輩からある日突然LINEが来るから。『**?  久しぶり。今空いてる?』って。空いてるに決まってるので、すぐにお返事を返して……と。いつも数人のいつめんで集まっていた公園で、私達は再会します。私が着くとまっすーはもう既にブランコに腰掛けていて、こっちに気がつくと片手をひらひらさせてくれるんです。その隣のブランコに私は座って、少しの間沈黙。先に口を開いたまっすーは、突然こう言います。「俺ね、高校のとき**のこと好きだったんだよ(笑)」と。なにこれ。いきなりの告白。でも過去形なんですよね。私は察します。そして自分の気持ちも伝えようかと思っていたら、ふわりと微笑んだまっすーが言うんです。「……俺ね、結婚すんの」なーんて。衝撃的なこと言い過ぎてるまっすー。本人は気づいてるのか気づいてないのか、にこにこしていますけど。だから私は、さっきまで伝えようとしていた気持ちを抑えます。そして決めるんです、過去形で伝えようって。「...私も先輩のこと好きでしたよ(笑)」「……知ってたよ(笑)」「……そうですよね(笑)」ってやりとりをする。知ってたんかい。きっとこの2人には色々な事情や困難があったんでしょうが、それは読んでる方の想像にお任せしていいですか??????(投げた)

加藤シゲアキの場合 → 幼なじみ的な存在のシゲぴーに結婚のご報告をしたくて、よく2人で遊んだ公園に来るように突然呼び出します。唐突でも来てくれるのがシゲぴーなので!!!  私が予めブランコに座って待っていると、手を軽く振りながら近づいてくる美の暴力。「突然なんだよ(笑)  なんかあったか?」って聞いてきます。私は「まぁまぁ♡♡」って言いながら、シゲぴーをブランコ(隣でも離れててもいい)に座らせます。「ほんと何、まじで(笑)  なんか怖いわ(笑)」とかなんとか言ってるシゲぴーに、満面の笑みで「私ね、結婚するの!!♡」って言います。そのとき、一瞬だけシゲぴーの動きが止まります。それまで座ったまま足でくいくいってブランコ動かしてたくせに。なんてわかりやすいんだ。ちなみに、笑顔もその後からぎこちなくなります。わかりやすい。「おめでとう、は?(笑)」って追い討ちかけてみましょう。きっとシゲぴーは目も合わせてくれないで「あ、あぁ……おめでと」って言ってきますよ〜〜!!!!!

 

2人目のお友達からは、こんなリクエスト。

f:id:NEWS_m_xxx:20170319235845j:image

見にくくて申し訳ないんですけど...!  番号順に見てくださいね!

なかなか難しいお題だと思ってるんですけど、自分なりに考えてみました。温かく見守ってください。

小山慶一郎の場合 → これで諦めようとしたの何回目かな...って、私は自分で自分を情けなく思います。慶ちゃんとの関係は結構グダグダ引きずってしまっていて、慶ちゃんの奥さんの存在もわかってるくせにやめられないんです。慶ちゃんも慶ちゃんで、何も言ってこない。だから私は、余計グダグダ引きずってしまうんでしょう。慶ちゃんは食事とかは行ってくれるけど、普通のデートみたいなのはしてくれないんです。奥さんを愛してるが故なのか、そこはきちんとしてる。そんなのが続いてたある夜、いつものように事が終わると慶ちゃんがいきなり「...ごめん」って謝ってきます。まぁそこで大体は勘づくよね、終わるんだなって。でも認めたくなくて、わかってるくせに「何が...?」って聞いちゃう。案の定、返ってきた言葉は「もうやめよ、こんな関係」です。「俺はやっぱり、大切で愛する人がいる。**にも絶対いつか出来るから」みたいなこと言って、部屋出てってそれっきり。慶ちゃんが出てった後の部屋、たぶんめっちゃ広く感じるよ。(何言ってんだ)

手越祐也の場合 → 手越くんには彼女がいます。でも彼は、私と関係を持ってます。更には、他にも何人かそういう子たちがいるんです。そのことをわかった上で、私は手越くんと関係を続けていました。手越くんは食事にすら行ってくれない。呼びかけが来る場所は決まってホテル。つまりはそれだけの関係でしかないんです。そしてあるとき急に、呼ばれなくなります。何も言わずに捨てられたのかと不安な日々を過ごしていると、久しぶりに呼びかけが。場所はやっぱり、いつものホテルでした。そしていつも通り事を終えると、服を着始めます。いつもだったらそんなに早く服着ないよね……?ってなって、嫌な予感がします。そして手越くんは言います、「俺さ、彼女と結婚することになったから。もう終わりね、こういうの」と。不安が現実となってしまって焦る私を他所に、手越くんはまた言うんですよ。「他の女の子も全員終わりにしたから」って。そんなこと言われたらどんなに好きでも諦めざるを得ないですよね...なんて罪な男!!!!  超泣くわ、私。(そして何故か手越くんの場合だけ不倫というか浮気)

増田貴久の場合 → 最初知り合った時は、まっすーは奥さんの存在を隠してると思うから、私は何も知らずに関係を持つ。でも日を追うごとに、なんかおかしいなって思うんですよ。「デートしたい」って言っても「うん、今度行こっか」って言ったっきり、予定すら立てようとしない。やたらと携帯を気にする。これ、完全に黒です。だけど言えないんですよ。こっちは関係続けたいんだもん。何も言わずにこうしておけば、続けられると思ってるから。そしてある日そういう雰囲気になったとき、まっすーの様子がおかしいことに気づきます。押し倒してきたのそっちじゃん。(勝手にそうしてる)  結局やめちゃいます、まっすー。私の身体を腕を引っ張って起こしてくれて、頭ぽんぽんってした後に「ごめんね?  ...俺なんかを好きになってくれてありがとね?」って言われますよ。察するしかないね☆

加藤シゲアキの場合 → 美人な奥さんがいる。それを知ってても昔から仲良かったっていう特権的なのを使って関係を持ちます。なんか、シゲぴーが1番奥さんに対して罪悪感を持ちながら関係を続けてそう。ズルズル引きずりまくった結果、まぁまぁ長い間続いちゃうんですよね。でもだんだんシゲぴーからの連絡は無くなっていくし(もともとそんなに連絡してこないけど)、ある日やっと来たと思ったらLINEで『話したいことあるからいつも会ってたあのホテルに来て欲しい』ですって。ホテル行ったら行ったで部屋に入るなり、目を合わせずに「俺ら終わりにしよう」とだけ言ってその場を去られます。ここまでハッキリされちゃうと、何も言い返す暇もないしね!

 

 

...はい、終わりました!!!!!!!!!!!

今回はリクエストが2件だったので、これで終了です。正直言いますけどこういうのって、楽しいけどめっちゃ疲れる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

楽しいことには変わりないので、これからもなんかあったらやっていきたいと思います。読んでいただいた方、ありがとうございました!