4合わせな日々。

□♡▽○の4人をただ愛しています。

(´-」-`)また好きになっちゃうじゃん...

 

 

 

タイトルを見て、ピンと来た方は少ないと思う。知ってる人の方が少ないだろうし。

 

2017年4月9日の夜、福岡公演にて。小山慶一郎から、このような言葉が発せられた。私は実際に入っていた訳じゃないから、MCレポを読んでこれを知った。

どうやら慶ちゃんからこの言葉が発せられる前に、手越くんが去年のオーラスでの魔法の言葉をまた言ったらしく。それを聞いて、慶ちゃんはタイトルの言葉を発したわけだけど。

この言葉、違う見方も出来ないかな……って考えた。シチュエーションはもちろん、個々で考えるものがあると思うんだ。というわけで今回の記事では、どんなシチュエーションで小山慶一郎からこの言葉を言われたいか考えてみた。(自分なりに)

 

 

時は学生時代にするとして。そうだなあ...高校生が1番無難だよね、なんか中学って若いし。ちなみになんですけども、私的には小山慶一郎は歳上枠なので、同級生や歳下には絶対にしない。したくない。小山慶一郎は歳上!!!(しつこい)  あと話がそれちゃうけど、テゴシゲは同い歳が良くて、まっすーはひとつ上、慶ちゃんはふたつ上がいい。私の中の黄金比率。

私が高校1年生、慶ちゃんが高校3年生。うん最高。どんな出逢いがいいかな????  私、慶ちゃんには 生徒会長 とかやっててもらいたいんだけど?  ……あ、欲望丸出しだね、控える☆  まあラブストーリーは突然やってくるものだし、**(女の子)が廊下ですれ違った小山先輩に一目惚れしちゃう...感じ??????(雑)  そのとき慶ちゃんも一目惚れしてるんだよね。うん、そうしとこ。運命にしとこ。

2人が付き合うことになるきっかけの告白は、もちろん慶ちゃんから。でもそれまで行くのには困難ありまくり。だって慶ちゃん、女子の先輩にモテまくりだし。ある日小山先輩が**のクラスに来て「ねえねえ!  **いるかな?」なんて探されたときには、どっからか嗅ぎつけた女子の先輩たちから呼び出し。『あんた、慶一郎のなんなの?』『彼女でもないのに調子乗ってんじゃねーよ』だの、暴言吐かれたりする。妬みだと思って流そうね!  そのうち慶ちゃんのほうもエゴs……じゃなくて、素早く人脈つかってこの事知って、女子の先輩たちを目が笑ってない笑顔でズタズタにしてるから。それからはもう何も言ってこなくなるから。こゎぃ☆

そんなこんなで正式に付き合った2人は順調に続くんだけど、小山先輩の受験が近づくにつれて互いにすれ違うようになるの。冬休みくらいかな、慶ちゃんからTELがかかってくる。だいたいこれで察するけど、出るしかないから出ようね...。「……もしもし」「もしもし**?  今って外出てこれるかな」って会話して部屋の窓からカーテン開けて外見ると、玄関の前で寒そうに待ってる小山慶一郎がいる。会話の途中(TEL繋がったまま)だから、携帯を耳に当てたままの小山慶一郎マフラーで口元隠してる前髪は目に少しかかってる!!(大事)  あと、コートは長めのやつで。その他はこの記事読んでくださってる方々にお任せするけど、どう考えてもこの時点までで爆イケが決定事項になっています。罪な男、小山慶一郎。(SUKI)

慶ちゃんが風邪ひくといけないので、急いでそのへんのもの羽織って外に出る。……どうせこのあとされるのは別れ話だろうし、見た目になんか気使ってられないよね☆  慶ちゃんは**を見つけてちょっとだけ微笑んでから、申し訳なさそうに口を開くの。「**、急に...ごめんね(笑)」「……ううん、大丈夫だよ?」「そっか……」で会話が一旦とまる。気まずさMAX!!!  どうしようか迷ってると、慶ちゃんが小さく ふうっ... って息を吐く。ため息じゃないんだけど、なんか覚悟決めた感じの。それで「**、俺と別れてくれる?」ってね。……あれ、これ書いてるだけなのに心がしんどいんですけど大丈夫かな??(感情移入が激しいタイプ)  これに関しては察してたこともあるし、あーだこーだ言って困った顔させたくないので「わかった...」って受け入れようね。心が泣いてるけど。

そのまま何もなく月日は流れて、**は大学生になります。ちなみに大学は、わざわざ小山慶一郎とは別のところにしたということにしてあります。引きずるタイプの女の子です。忘れられないよね、あんな罪な男。わかる。(感情移入)  そんなある日、**のバイト先のカフェに来ます。罪な男が。カフェのイメージはス〇ーバックスで。「ご注文お決まりでしたらどう...ぞ...」「……久しぶりだね、**(笑)」みたいな〜〜!!!!  ここでポイントなのは、2人とも故意に逢ったわけではないというところでしょうか。だからこそ気まずい!  まぁこの後慶ちゃんは普通に注文するし、飲み物もらったら席についちゃうから特に会話はここでは無し。でも帰り際、テーブルを拭いていた**に少し近づいてコソッと言うんです。「この後、バイト終わったら電話して。...番号、変わってないから」って。終わったあと即TELするに決まってる!!!!!!!!!!!(半泣き)

TELすると、慶ちゃんが車で来てくれます。5分もしないうちに。絶対近くでスタンバってたやつ...。それで乗るように促されて、行き先を言われないまま車は走り出す。数分走って車がとまるんだけど、その場所が2人で通ってた高校。「うわ〜懐かしい!(笑)  覚えてる?」なんて目を輝かせて言うんで、誰のせいで忘れられない場所になってると思ってんだよ!!!というのは飲み込んでおきましょう☆

もちろん忍び込む。お約束。学年が違ったから教室とかが一緒になることはなかったわけで、この日初めて同じ教室で隣同士に座ってみます。でも何を話すというわけでもないし、お互い気まずさもあって、慶ちゃんが早々に席を立って黒板の方に行っちゃうの。それで黒板の方に向いたまま、**に言います。「...俺ね、留学するんだ」と。悲しすぎる。そんなこと言われたって今**は彼女でもなんでもないし、引き止める権限もないから「……そっか、...頑張ってね!(笑)」とかしか言えない。慶ちゃんも「おう(笑)」しか返さない。なんなん...!?

その後特に何かあるわけでもなく、車に戻る。2人は無言、気まずさ相変わらずMAX状態。それでも**は、留学してしまうんだったら今しかないと思って意を決する。「あのさ...?」っておずおずしながらも声をかけると、慶ちゃんは「ん?」って言いながらちゃんとこっち向いてくれるから!!  そして畳み掛ける!!!!!  「私、まだ、慶ちゃんのこと好「**」「...っ」  はい、止められた!!!!!!!!  そして小山慶一郎はこう言うんだ。「俺、**を振ったときにそのときまでの気持ちは全部捨てたの」なんてね...。ひどい男になっちゃってる?  大丈夫か???

そのまま慶ちゃんは家の前まで送ってくれる。なーんも話さない(話せない)けど。で、家の前に車止めてくれるんだけど、ほんっとにドア開けて出ようとしたとき(つまり最後の最後)に「**、もう俺のこと諦めてね?(笑)」って言ってきて、何とも言えないでいると「じゃないと俺、せっかく**のこと忘れようとしてたのに...……また好きになっちゃうじゃん...って!!!!!!!!!!!(号泣)

そんなこと言われてさあ!!  好きでいるの諦める人なんているの?!!?  いや、いない!!!!(反語)

 

……え、長い????  そうですよね、私も思いましたもん。まず前置きみたいなのがなげぇもん。実はまだあるんですよ。聞きます??????  うんざりしてたらもう終わっていいんですけどね、もうひとパターンだけどうしても外せなくて。どっちか悩んだんですよね...!

上のは実際に**に言ってしまうパターンだったんですけど、もうひとつは言わない。あとになって1人でぼそっと言うパターン。ちなみに言うと、私的にはこっちのほうが萌え度が高い。(知らんがな)

途中まで(諦めてね? まで)は一緒。その後何も言えないでいる**に「も〜〜!(笑)  なら、俺の連絡先とか消して?  俺も留学するとき、携帯変えるだろうし...さ」って言う。それで半ば強引に諦めざるを得ない状況をつくり、そのままその日は別れる。1人で車を運転して家に戻ってきた小山慶一郎は、なかなか車から降りられないんですよ。車庫にいつも通り入れてあとは自分が出て鍵をかけて終わり なのに、さっきまで助手席には好きだった子がいたわけだし。「……はぁ〜〜...」ってため息ついて、そのあとにぼそっと「また好きになっちゃうじゃん...」です。

 

……どうでしょう????  やっぱり後者の方が萌えません???  私は萌えます。でもま、人によって好みは分かれると思うんで。こういうところも、人と違うと楽しいところですよね!!  あとあと、留学とか嘘です☆みたいなのでもいいかと。どっちのパターンにせよ、**のこと諦めたいがためにしている(言っている)ことなので、留学が理由じゃなくてもいいんだよね。誰かに『別れないと〜〜』みたいなこと言われてて、どうにか諦めようとしてる的なシチュエーションでも全然ありだし萌える。ちなみになんで留学如きでこんなに諦めたがっているかっていうのはそれぞれの解釈あると思うんですけど、私は "位置的に離れてしまったら(寂しさに)耐えられなくなってしまって迷惑をかけてしまう" と小山慶一郎重く考えてしまったから という方向性にしていました。

まあこの後また運命の赤い糸があって再会して付き合って結婚するかもしれないし、本当にこのままお互い逢わないようになってしまってそれぞれを忘れられないまま別に家庭を築くかもしれないし、どんな未来にしたいかは皆さん次第ですから☆

 

 

...ここまで約4000文字なんだけど、コンサートのMC中の一言だけでここまで頭フル回転するなんて、私なかなかやばいな。……やばいな????